ヒト型ペプチドとは

ヒト型ペプチドとは

皮膚トラブルとヒト型ペプチドの関係

  • シミ
  • シワ
  • 肌の凸凹

成長因子とは、もともとヒトの皮膚の中にあるアミノ酸の集合体であるタンパク質の一種で上皮成長因子とも呼ばれ、肌の修復や再生をおこなう細胞のことです。しかし、加齢や環境、乾燥により細胞は老化してしまい、シワやシミなどの皮膚トラブルにつながります。

ヒューマナノに配合されているヒト型ペプチドは、ヒトの皮膚と同じ化学構造のペプチド(アミノ酸)をバイオで合成することにより本物のヒトの皮膚の中にあるアミノ酸と似た働きをさせる成分です。

ヒューマナノシリーズはヒト型ペプチド成分を原液で配合することにより、ふっくらしたハリのある肌をサポートします。

ヒト型プラセンタ(ヒト遺伝子組換ポリペプチド-16)

プラセンタには多くの成長因子が含まれているといわれており、肌のエイジングに効果的です。プラセンタは馬、羊、豚等を原料とした化粧品原料が一般に広く普及していますが動物とヒトは遺伝子構造が違うため、効果が体感できない、時にはアレルギーなどの原因になることもあります。

そこで開発されたのがヒト型プラセンタです。今回2年の歳月をかけて開発された、ヒト遺伝子組替ポリペプチド-16はヒトの体内の胎盤の細胞を成長させる成長因子と同じ遺伝子構造でバイオ合成されたものです。これを化粧品に配合する事で、ヒトのプラセンタと同様の効果が得られる事が期待できます。ヒト型バイオプラセンタとはヒトの胎盤の遺伝子構造と同じ成分をバイオ合成で生成した化粧品原料のことです。

なんと75,000倍の濃度

ヒューマナノ プラセン原液に配合されているヒト型バイオプラセンタの中のアミノ酸含有量は、なんと豚の75,000倍になります。動物系プラセンタ特有の臭いもなく、肌にハリや弾力を与えます。年齢とともに表れるエイジングのサインをサポートします。

プラセンタの中のアミノ酸含有量

馬プラセンタは豚プラセンタに比べ300倍のアミノ酸が含有されており、ヒト型バイオプラセンタは豚プラセンタに比べ75,000倍の成長因子が含まれています。

さらに、ヒト胎盤プラセンタに比べ、バイオ合成のヒト型バイオプラセンタ内の成長因子量は、なんと250倍多いことが証明されています。

プラセンタの中の成長因子量

さらに、相乗効果があるEGF、IGF、aFGFを配合しました

同時に配合することで 相乗効果がアップ(約1.8倍)

EGF、IGF、aFGFを同時に配合することで、その他の成長因子の働きを強める作用があります。
各成分を個々で配合するより1.8倍の効果が見込まれるとされています。

合成ヒト遺伝子組換ポリペプチド-31(IGF-2)

肌内のヒアルロン酸をサポートし肌の手触りを良くしてくれます。

ヒトオリゴペプチド-1(EGF)

53個のアミノ酸からなるノーベル賞受賞成分で、いきいきとした肌をサポートします。

ヒトオリゴペプチド‐13(aFGF)

肌内のコラーゲンやエラスチンをサポートします。

ヒトオリゴペプチド-4(TRX)

人の肌に存在する、タンパク質の一種で肌を保護し、いきいきとした肌をサポートします。

アセチルヘキサペプチド-8

塗るボトックスといわれるアルジルリン同様の働きをし、筋肉の緊張を和らげます。